面実装ダイオードで世界を制覇
 MainProduct
製品案内
製品開発

製品に関するお問い合わせは 新電元工業にて対応致しております
現代社会において、エレクトロニクスの果たす役割や用途は多岐にわたっており、 今後もそのニーズは多様化し、ますますその重要性は高まっていくものと考えられます。
秋田新電元はコンパクト性と高性能が要求される電子デバイス製品を主力製品としています。 特に専門分野である個別半導体デバイスのレパートリーの広さとパッケージの多さを誇っています。 私たちの身近な家電製品をはじめ自動車など、さまざまなところで秋田新電元の製品が活躍しています。


■一般整流ダイオード
高耐圧のPN接合型整流素子です。チップには当社独自の高信頼性ガラスパッシベーション技術を採用しており、 耐湿性、耐熱性に優れた構造となっております。 耐圧は最大800V、出力電流は1Aから30A まで幅広く取り揃えております。

■ブリッジダイオード
単相、3相ブリッジダイオードとして、 耐圧は最大1600V、出力電流は最大50Aまで取り揃えております。 民生用途は元より、近年、車載用パッケージの開発によりEV、PHVチャージャ用途として御採用頂いております。 今後、更なる大容量化を検討しております。


■ショットキーバリアダイオード
金属と半導体の接合で生じる障壁を利用した整流素子です。PN接合より順方向の立ち上がり電圧が低く、 スイッチング速度が極めて速く、高速低VFダイオードとして最適の整流素子です。車載品質規格AEC-Q101の対応機種も随時拡充して参ります。

■ファストリカバリダイオード
逆回復特性が向上した高耐圧のPN接合型高速整流素子です。家電分野は元より、OA機器、FA機器分野のスイッチング電源などに最適です。 高周波化傾向にあるスイッチング電源に対応しております。耐圧は最大1000V以上の高耐圧製品もラインアップしており、 車載チャージャ用途として注目されております。


■ツェナーダイオード
静電気や電圧サージ等により配線に誘起される電圧は、近年の高効率化・高密度化が進んだ半導体の誤作動や破損の要因となるため、 保護する場面でツェナ―ダイオードを使用する機会が増加しております。 弊社のツェナーダイオードはPN接合の逆方向アバランシェ降伏現象を利用した電圧クランプ型の過渡サージ吸収用ツェナダイオードです。 各種要望に対応するべく、各種パッケージ、耐圧のラインアップを取り揃えております。 また、AEC-Q101等の車載市場から要求される品質も満足しております。


■サイリスタ
2端子サイリスタのひとつであるサージ防護用素子は、NTT様と共同開発し、通信機器ICを雷サージから保護する素子です。 過電流耐量および耐圧のラインアップを充実することで、様々な回路にマッチングした素子を提供しております。 サイダック(SIDAC® )は新電元工業が商標登録した2端子サイリスタです。各種パルス発生回路に使用され、 多くのお客様に30年以上愛されている製品となっております。


■MOSFET
電源半導体メーカとしての経験を活かし、スイッチング電源用途として最適な低入力容量、高破壊耐量を有しております。 高効率化と業界トップの高破壊耐量を同時に実現したHi-PotMOS® シリーズや、トレンチゲート構造・レイアウトを最適化することでQg を低減し、 世界トップレベルの性能を有しているEETMOS® シリーズのラインアップ化を進めております。


■モジュール
ブリッジダイオード、MOSFET、IGBTなど、従来は個別パッケージとして構成されていた回路を、 モジュールとして1つのパッケージに集積化することで小型化を実現しております。 産業用モータ駆動回路に対応したコンバータ・ブレーキ用パワーモジュールの他、EPS用など車載製品の開発も進めております。 今後、ラインアップ拡充を進めて参ります。


■ダイオードウェーハ・チップ
ダイオードの主力チップはPN接合型でメサ型形状をしており、当社独自の高信頼性ガラスパッシベーション技術を採用し、 数億個/月の生産を行っております。 一般整流ダイオード、ファストリカバ リダイオード、ツェナーダイオードにおいてチップサイズは0.9mm角から5.0mm角まで取り揃え、 各種用途やパッケージに対応するべく、幅広くラインアップしております。


■サイリスタウェーハ・チップ
3端子サイリスタは主に2輪車用充電装置部のレギュレータへ搭載されております。種々のレギュレータへ対応可能なランアップをしております。 サージ防護素子、サイダックに使用されるチップを各種チップサイズ、耐圧で取り揃え、各種用途やパッケージに対応するべく、 幅広くラインアップしております。

 * 製品に関するお問い合わせは 新電元工業にて対応致しております。



●製品開発
現代社会において、発展を続けるデジタル家電、IT関連機器、世界最先端を走る日本の自動車技術。 秋田新電元は、そのような現代のテクノロジー発達の一端を担うべく、製品開発および生産技術の強化を図りながら、 半導体デバイスを製造しています。秋田新電元は、今にとどまることなく常に旺盛な向上心とチャレンジ精神で未来に向かっています。

●一歩上を追求するチャレンジ精神
今日まで秋田新電元はさまざまな可能性にチャレンジしてきました。 常に一歩上を追求してゆく秋田新電元の技術は、更に高度で豊かな社会を創り出すため、新しい可能性の創造と、 その実現に貢献しています。新製品の設計・開発、新技術の研究と共にそれらの生産ラインの構築、生産設備の設計開発、 内製化に取り組んでいます。



Copyright (c) 2009 AKITA SHINDENGEN CO., LTD. All rights reserved.